読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orange大好きおばちゃんのちょい拗らせ日記

そういうのが熟成されて仲間になった

君の纏うオーラ

どーも、

またしてもお久しぶりになってしまいました

 

先月末から怒涛の勢いでエイト事が

色々降ってきまして

正直追いつけていません

(マイペースにおっかけています)

 

にしても、

ねえねえ丸山さん?

f:id:anpontanhimika:20161014152608j:image

最近の貴方・・・

色っぽさが思い切り

上がってませんこと?

 

いや元々若い頃から

独特の雰囲気を纏っていて

儚さを併せ持つ色っぽさがありました

(↑先週のサタジャニの言葉の受け売りじゃないけどwでも「独特のオーラ」という言葉がストンときました)

 

 しかし、32歳になった今

(来月33歳の誕生日を迎えますが)

儚さもほんのり残しながらも

年齢と経験を重ね(そして自信も)

骨太なセクシーっぽさが加味され

いい感じに歳を重ねた大人の男になっていて

この先も更にいい感じになっていくのでは?

と、期待しちゃっています

(骨太セクシー・・・こちらはテレビジョンzoomのリサイタルレポの記事からの受け売りでございますw)

 

他の方も何処かで書いてましたが

今年の初夏に多忙の中マクベスを演じたのが

いい経験になったのではないかな?と

思っています

f:id:anpontanhimika:20161014154908j:image

そしてベーシストとしても

去年から急成長していますよね

 

あ、でも

17年前に関西Jrで楽器の弾ける子が集まって全員ギターだった為、

背の高さを理由にベースを持たされ

(当時の丸山さんとしてはこんな気分だったのでしょうか) 

それ以来

前のめりでは無かった~とか

向きあっていなかった~とか

丸山さん自身は語っていますが

17年間の積み重ねがあってこその

今なんじゃないのかな?と

私は思います

 

大丈夫!!もっと自信を持ってもいいんだよ!!

という言葉を送りたいです

(オカンか我は)

 

でも、そんな謙虚なとこも

ちょっと頑固なとこも

好きなんだよな~

(デレています・・・通常営業です)

 

サタジャニでストンと来たあと

丸山さんのオーラを構成するものが何なのか

今日は休みだったので考えてみたのですが

丸山さんの纏っているものとして

真っ先に思い浮かぶのが〝闇っぽさ〟

 

勿論それだけでは無く

はんなりとしたとこ

優しくて気い遣いなとこ

たまに出すイケズなとこ

実はある〝漢〟なとこ

あと頑固さと謙虚さも

そしてそこに儚さもプラスして

(経験や自信を積み重ねても、儚さはまた違う形で残っていきそう・・・と期待も込めて)

 

とりあえず思いついたのはこれだけですが

もっとありますよね

 

知れば知る程味わい深い男は

歳を重ねる程深みを増す男である!!

 

これからも丸山さんから目が離せません

(宜しくなっ丸山さん!!( ´ ▽ ` )ノ)