読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orange大好きおばちゃんのちょい拗らせ日記

そういうのが熟成されて仲間になった

ちょっと妄想を垂れ流します(閲覧注意)

どーも、気まぐれ更新のブログへよーこそ

 


もし関ジャニ∞と結婚できるとしたら - 愛してる、愛してない

 

Hatena Blog、Twitter

絡ませていただいている

にゃろめちゃんのブログに触発されまして

∞メンバーと結婚したら?を

私も書いてみよう!!と心を決めました

 

しかし!!

「結婚」の前に話題になった

「キス」について書かないと先に進めねえ!!

となってしまいました(根拠ない)

 

頭ん中であれこれ考えていたら

途中で頭が沸騰してしまいまして

書き進めていった結果

着地点が分からなくなる予感しかしません

(言い切った)

 

そして、

これはあくまでも想像の話です

リアルは端からすっ飛ばしています

妄想甚だしいです

苦手な方はLet's Uターンでお願いします

 

以前、にゃろめちゃんがしていたアンケート

「∞メンバーと一回だけキス出来るなら誰と?」

 

「一回だけ」という言葉で迷いはしましたが

自分としてはやはり丸山氏と答えました

 

何回でもキスのできる立場に立ちたい!!

というなら一番好きな「自担」は

一回だけという対象にはならない?

という考えもありますが

そこで立ちはだかるのは「妄想」という壁

(割と現実的)

 

で、「一回だけでもそんなの関係ねぇ!」

という境地に至りました

 


f:id:anpontanhimika:20170207224642j:image

でも、実際のところ

丸山さんに対して持っていた欲望は

(ストレートな表現で失礼します)

逞しい躰や腕に包まれたい♪が主でして

キスという行為まで達しておらず

いざ「キス」をするならば?までは

あまり考えたことも無かったです

(初心という訳ではない←周知の事実)

(あ、もう一つのブログの過去記事は無視して下さいませ・・・あれは創作です( ̄▽ ̄;))

 

しかし、あの腕の中に包まれたら

健全な大人同士の流れとしては

次に来るのは「キス」という行為

(もう一度言いますが、あくまでも妄想甚だしい話です)

 

だとしたら、どういう状況を経て

「腕の中に包まれる」に至るのか?

一番大事な問題です!!

(段々楽しくなってきたw)

 

妄想の中の自分は

年齢設定はリアルに近くてもいいのですが

ルックスはリアルで考えるのは

烏滸がましいので(というか無理)

鈴木京香さんで考えさせて頂きます

 

あくまで年齢設定をリアルにするならば

一番ありえそうなのは職場

何かの店舗勤務として

丸山氏は社員で自分はパート店員

同じ売り場に配置され

自分はそこの売り場では勤務歴が一番長くて

丸山氏は2年ほど前に

他の店舗から異動してきた

 

うむうむ、現実味が増してきたぞ♪(ご満悦)

 

で、未経験の売り場に配置された彼に

色々教えるのがお局な自分で

当初は不慣れさ故に戸惑ってはいたものの

人当たりの良さと真面目さで

まわりからの信頼も得ていき

最初は口煩く指導していたお局からも

「私から教えることはもう無い」と言われる

(もう一度言いますがあくまでも妄想の話です、出てくるキャラはフィクションですので!!)

 

で、丸山氏は発見しちゃうのです!!

最初はちょっと怖かったお局が

実は相当なるおとぼけキャラなのを!!

「え、このお姉さん(←w)意外と可愛げがある?」

という新たな感情が湧いてきます

 

一方お局にも頼りなさげに思えた丸山氏に

色々フォローしてもらううちに

こちらにも新たな感情が湧いてきます

 

とある日

翌日からのセールに備え準備に追われ

責任者となっている丸山氏と

そこの売り場のパート店員で唯一

遅くまで残れるお局と2人だけで

作業をしていくうちに・・・

 

きっかけは何かな~?

 

うーむ・・・

 

何らかでコケそうになったお局を

丸山氏が支えてそのままの勢いで

腕の中に入ってしまう・・・かな?

 

で、隠していた思いが溢れて

ぐわーっと2人の思いが盛り上がり

キスに至る

(最後が雑過ぎる)

 

うっわ~!!

自分で恥ずかしくなっちゃいました!!

(//〇__〇//)

 

いや、あの、これはフィクションですので!!

頭の沸いたオバチャンの戯言として

ご笑納頂けたら有難いです

 

次は本題に入ろうかな?

 

メンバー全員で考えるから

今回以上に頭の中が沸騰しそうだな~(笑)

(ヤバイな自分 爆)

 

頭が沸きすぎて変なテンションの

ブログになってしまったらすみませんです

(先に謝っておく)

 

ではまた、●┓''