読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orange大好きおばちゃんのちょい拗らせ日記

そういうのが熟成されて仲間になった

自由過ぎる妄想・・・もし∞メンバーと家庭を持ったら?

どーも、気まぐれ更新なブログへよーこそ

 

あ!!でもでも今月は更新頻度高い!!( *°ω°* )/

(今月はね)

 

で、昨日気付いたのですが

当ブログ開設して一年経ちました!!

(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ★

(開設したのは去年の2月10日)

 

割と長くアメブロをやってますが

「もう一つあっても良くね?」と、

気楽にはてなブログを始めてしまいましたが

結果、どちらのブログも気まぐれ更新に

(アカンやん)

 

数日放置していても

全然平気になってしまいました

(ほぼ毎日更新されてる方尊敬します)

 

さて前回予告した通り

今回はこちらのテーマにて行こうかと!!


もし関ジャニ∞と結婚できるとしたら - 愛してる、愛してない

(何回もリンク貼ってすみませんです、にゃろめちゃん)

 

 とりあえず年齢順に書いていきますが

多分丸山さんに関しては長くなりそうなので

最後に回させて頂きます(。_。*)

 

 

横山裕氏の場合

子どもは幼稚園年中のおしゃまな女子一人

一緒にあやとりをしていて

「お父さん~そこ取り方違う~」と言われ

「そんなんむつかしいわぁ」

と口を尖らせながらも

娘に教えられた通りに

不器用ながらもやっている

生意気は言うが父さん大好きな娘である

(お母さんの言うことには楯突いてくるが、お父さんの言うことは素直に聞く)

昼ごはん後、

「いっつも仕事や幼稚園の事や家の事任せっぱなしやし・・・息抜きしてきたら?洗いもんやっとくで」

それなら喜んで♪と出かけるのを

「お母さん、行ってらっしゃ~い♪」と

見送る旦那と娘の笑い顔が似すぎていて

吹き出しそうになる

 

夜は・・・

休日の夜、娘が寝静まった後は

お互いにマッサージし合うのが

いつの間にか付いた習慣

旦那はいずれ訪れるかもしれない

娘から「お父さんなんて嫌い」

と言われる時期に備え、今のうちに

「大好き♪」と言われておきたいらしい

 

「けっこう色々考えているんだ・・・よっしゃマッサージ終了!!」

旦那のお尻をバシッと叩く(終了の合図)

「まだ終わりじゃないで・・・」とニヤリ

体勢がくるりと入れ替わった

オトナの夜はまだまだこれから・・・

 

あ、申し遅れましたが

「結婚」「夫婦」というテーマなだけに

この先オトナな表現が

度々出てくるかと存じます

心置き下さいませ(。_。*)

 

渋谷すばる氏の場合

子どもは生後7ヶ月の男の子一人

 

休日は息子の世話と相手をしている旦那

今もハイハイの息子と一緒に腹ばいになって

二人にしか分からない言語で

意思疎通して遊んでいる

(「今何て言ってたの?」と聞きにいくのは野暮なように思うので止めている)

 

一見怖そうに見える旦那

知り合った最初は私もそう思っていたが

目の前で転んで泣きだした子を

抱き上げてあやす姿を見て

「この人なら大丈夫かもしれない」

と確信した自分の判断は正しかった

 

息子が一人遊びをしている間に

家事をしている私に

「そんなん程々でいいから休んどきな」

と何気に胸や腰にボディタッチ

「目一杯遊んで疲れさせて寝かすから夜は・・・な♪」

ちゃっかり首元に顔を埋めてきたが

「今はまだ昼間!!」と軽く肘鉄をして撃退w

 

「なぁ~母ちゃんイケズや~」

大袈裟に痛がりながら息子の元に戻り

二人だけの意思疎通が再開された

 

さて夜は・・・

風呂から上がると二人分の寝息が

「昼間言っていたのとちゃうやん」

ボヤいたものの同じ体勢で寝ている姿に吹き

自分も同じ体勢になって寝転んだ

(翌朝、「何で起こしてくれんかった?」「蹴ったわ!」「もっとしっかりガツンと蹴って!!」「私が本気に蹴ったら骨どうかするわ」「それでもいいから・・・」「知らんわ」と軽く?揉めたのは言うまでもない)

 

ここにきて今更ではありますが

どうやら自分の想像(妄想)の場合

∞メンバー本人というよりも

「ぽい人が旦那だったら」みたいですね(笑)

子どもの年齢設定は絞ってあるモノから

曖昧(ぐらい)のモノもありますが

そこんとこはイメージですので

曖昧さにも付き合って下されば有難いです

 

村上信五氏の場合

子どもは小学低学年の男子一人

 

スポーツ大好きアウトドア派の旦那と息子

スポーツ苦手でインドア派な自分

全部は付き合いきれないので

朝早くからお弁当をたっぷり拵えて

旦那と息子の二人で出掛けさせるのが

休日のパターンになっている

(だから二人して年中日焼けしている)

 

サッカーもバスケも上手い旦那は

出掛けた先で他の子ども達からも

頼られたりしているらしい

「お父さんあちこちに行っちゃって寂しい思いしていない?」

ちょっと心配になり息子に聞いてみたが

「たまに寂しい時もあるけど、みんなに頼られているお父さん見てるのも楽しいから平気!!僕も上の学年の子のチームに入れてもらってるしお弁当食べてる時は話いっぱい聞いてくれるから!!」

 

さて夜は・・・

一日中走り回った息子は早々とバタンキュー

しかし旦那は

「それとこれは別モンやでな♪」

昼間アグレッシブに動いてきたのに

どんだけタフなんだ

(「いっつも洗濯物たくさんにしてごめんな」という言葉とタフさに支えられております)

 

安田章大氏の場合

子どもはまだいない

 

共働きでそれぞれの趣味があり

お互いの趣味には基本口出ししない!!

という不文律がある

 

しかし狭い賃貸に住んでいる為

趣味を楽しむ部屋は共有していて

お互いに嵌っているものは容易に把握出来る

 

どちらも音楽が好きなので

私が好みそうな曲をいつの間にか

プレイヤーに入れておいてくれる

(結果、プレイヤー内の曲数が凄いことになっていてプレイリストを編集するのが毎回大変なのが唯一の悩み)

 

さて夜は・・・

趣味の時間は背中合わせで過ごしているので

そういったオーラは分かりやすく発していて

(受け止めあっていて)

そのまま隣の寝室になだれ込むのが

毎回のパターンである

 

錦戸亮氏の場合

子どもは小学高学年の男子一人

 

パソコンの接続も出来てしまうお父さんを

大尊敬している息子

休日は二人してパソコンに向かっていて

学校で覚えてきた事をお父さんに披露して

「おお~そんなんもう覚えてきたん?」

と褒められ嬉しそうにしている

 

午後になり息子の友達が遊びにきたが

その中に可愛らしい女の子もいて

「なあなあ女の子が男の子の家に遊びに来るなんて早ない?」

とそわそわし出すお父さん

 

部屋に持っていくジュースやお菓子を

準備している後ろを

ウロウロウロウロウロウロウロウロウロウロ

 

「あーもう!!そんな心配だったら貴方これ持って行って確認しておいで!!」

ジュースとお菓子が乗ったトレーを

押し付ける

「えええええ?俺が持っていったら向こうビックリするんちゃう?」

「いや大丈夫だから」

「そんなん恥ずかしいわ~俺」

人見知り出ました(笑)

 

しかし心を鬼にして行かせます

(いや、鬼にならなあかん案件ではないはずだがあの困った顔を見るとついついSっ気が出てしまう)

 

数分後

「あの子な、〇〇ちゃん言うけどええ感じの子やったで♪」

ニコニコしながら戻ってきた

 

友達が帰った後、

「俺に似てモテるなお前♪」

と嬉しそうに息子に話しかけたものの

「いや、あいつは友達だから」

と素っ気なく一蹴されガクッとしている姿に

夕飯を作りながら吹いてしまった

 

さて夜は・・・

「何年かしたら嫁さんくるんやろな~」

「俺仲良う出来るかな?」

 またしてもソワソワし出す

「今から心配しなくたってなるようになるでしょ」

「そうやんな~まだこれから学校行かして社会に出れる大人にさせなアカンからな・・・それよりも今はこっちやな」

オトナの時間突入と相成りました♪

 

すみません!!

ここまで書いて気づきましたが(またか)

オトナtimeの表現が非常に抽象的に

なってしまっています

(自担以外だと遠慮しちゃうみたいです 汗)

妄想おばちゃんにしては

そこんとこがちょっと残念だったりします

(自分で言うか)

 

大倉忠義氏の場合

子どもはまだいない

飼い犬が一匹(ゴールデンレトリバー♂)

 

テレビを前に二人?してゴロゴロ

「今からそこ掃除機かけるからどいて・・・というか散歩行ってきて」

 

「えー寒いのに?」の返事

 

しかし、散歩という言葉を聞いて

「早よ行こ早よ行こ♪」

と尻尾を振っているワンコを見て

「分かった分かった」と散歩に出ていった

(スエット姿のまんまだし頭ボッサボサなのを帽子で隠しただけなんだけど・・・そこは目をつぶっておこう)

 

散歩から帰ってきた後

ゴロゴロというか完全に寝ている二人

 

仕事で普段出来ない家事を片付けて

ちょっと疲れた自分もワンコの隣にごろん

 

物音で目を覚ましたら

ソファの上にいつの間にか移動していて

毛布がかけられていた

 

「夕飯作っとくでそのまま寝ててもええよ」

正直言っちゃうと自分よりも旦那の方が

料理が上手くて美味しいので感謝感謝♪

休みの日にゴロゴロしてるのも許すぜっ

 

さて夜は・・・

昼間ゴロゴロしていたせいか夜は元気(笑)

甘え方が上手いというか

乗せ方が上手いというか

毎回その手で転がされる自分である

 

いやー参った参った( ̄▽ ̄;)

自担以外だと得意の妄想でさえも

こんなに遠慮しちゃうというのか

象徴的になるんだ!!

というのが今回の発見です

(ここまで長々と買いといて気づいたのがそこかい?)

 

で、最後に登場の自担ですが

多分えっらい長いものになるかと存じます

(だろうな)

 

はい、ここまでも長かったのに

また更に長~くなるのも

申し訳ないので「丸山隆平氏の場合」は

万を辞して(自分で言うか←2回目)

次回にさせて頂きます

 

どんな頭が湧いた妄想になるやら

自分でも怖いです

(しかもノープラン)

 

以上!!長々と失礼しました(。_。*)

ではまた、●┓''