読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orange大好きおばちゃんのちょい拗らせ日記

そういうのが熟成されて仲間になった

嫌われる勇気

どーも、気まぐれ更新なブログへよーこそ

 

 

えーと、本当は他にも書きたい事が

山ほどありますが

仕事行く前にどばーと書いちゃいます

 

「嫌われる勇気」

今やってるドラマのタイトルと同じですが

内容は違います(すみませんです)

 


f:id:anpontanhimika:20170313203757j:image

先日放送されたクロニクル

江古佐山さんのコントがあり

まぁ予想はしてましたが

賛否両論ありますよね

(字間違えてたらすみませんです)

(しゃちほこ地方は残念ながら放送されてなたいのでネットの海で情報を得ました)

 

私も正直、放送前には

「もうこれ以上弄らんといて~」

と、心配していました

 

でも、実際放送されたのを観て

「あ、これは江古佐山さんを演じているんだな」

と受取りました

 

丸山さんがエゴサしている事実はありますが

(どんだけやっているかは分からないけど)

コントの中では演じているのです

江古佐山さんを!!

(ここ重要です)

 

演技として捉えるならば

丸山さんが演じて魅せたあの表情は

ぞっとするほど素晴らしく恐ろしく美しくて

(日本語表現として変だがこう言うしかない)

「泥棒役者」の監督である西田氏が

以前レコメンにゲスト出演した時に言った

「丸山くんに悪役を」

(うろ覚え故に言葉遣いはニュアンスになってます)

という言葉が現実味を帯びる

・・・というか、期待を持ちたくなります

 

悪役とか怖がられる役、憎まれ役は

映画やドラマ、舞台には欠かせないです

 

意味もなく極悪非道な行いをする薄っぺらな

悪役、憎まれ役はファンとしても

「真平お断りだぜい!!」ですが

奥行きのある(ストーリーのある)悪役は

演じる俳優の芝居次第で更に奥行きが出来て

観ている側にも響く物があります

 

今の丸山さんの演技力は実際のところ

どんなものかは素人の私には分かりません

(持ってるのはファン故の贔屓目、欲目のみですので)

 

クロニクルのコントで魅せた

あの表情は専門の方からしたら

どうなんでしょうか?

(一番気になるところ)

 

賛否が出るほど・・・というならば

あれを観て「嫌だ!!」と思ってしまった方も 

いらっしゃるのですよね

(そう思ってしまった根拠は人それぞれだと思いますが)

 

番組自体はバラエティ、

しかしコントを演じきった丸山さんに

拍手を贈りたいです

(ゲスト役のヨコ、AD役の相楽樹ちゃんにも)

(某女性アナに関してのイジリは・・・何とも言いませんが・・・攻めてるな~とは思いました)

 

エゴサをしている事を弄られてるのには

本人には複雑な思いがもしかしたら

あったのかもしれませんが、

もしそうだとしたら

演じきったプロ意識は讃えるべき

 

そして演じきったところから

新たな可能性だって生まれるかもしれない

(西田氏の言葉もあるだけに)

 

今、撮影中の「泥棒役者」も

新たな扉になるかもしれない

 

「俳優」としての可能性だけでなく

他の可能性だって見つかるかもしれない

 

「悪役や憎まれ役なんてやったら今やってるサタプラで出来つつある『感じのいいお兄さん』なイメージはどうなるの?」

という心配も出てくるかと

 

世間ってそんなに単純じゃない

 

私は勝手にそう考えています(笑)

 

以上!!

超単細胞な頭の持ち主で

丸山さんの才能や可能性を

過大評価しがちな盲目ファンの戯言でした

(でもかなり本気にそう信じてる)

 

「こいつ阿呆やな~」と

ご笑納頂けたら有難いです(。_。*)

 

 

ではまた、●┓''